涼しい夏服の選び方~素材の大切さに気づいた話~

 

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

ゆゆです。

 

いきなりですが、お洋服は好きですか?

ゆゆ

私は大好きです!

可愛いお洋服を見ると、キュンとして思わず心が躍ります。

 

そんなお洋服ですが、選ぶ基準は何ですか?

 

デザイン・値段・合わせやすさ・・・

色々あると思いますが、私の中で

ゆゆ

これは欠かせない!
と思うポイントが、『素材』です。

 

夏服は、少しでも快適に過ごすために「綿・麻(リネン)」の服を選ぶようにしています。

 

きっかけ

私は元々、お洋服の素材にまったくこだわりがありませんでした。

デザイン(見た目)・値段・合わせやすさ

で服を選んでいました。

 

しかしある初夏の日。

ゆゆ

身体に熱がこもる感じがして、暑いなぁ

と思うようになりました。

 

そして、ふと

ゆゆ

今着ている服の素材が関係あるのかな?
と思ったのです。

 

その時着ていたのは、ポリエステル100%のブラウスでした。

調べてみると、ポリエステルは汗を吸いにくくて蒸れやすいということがわかりました。

 

そこで、暑い夏は、汗を吸ってくれて蒸れにくい素材の服を着たいと思うようになりました。

そんな中、夏におすすめの素材として目に留まった「麻」と「綿」の服を選ぶようになったのです。

 

おすすめポイント

私の体感ですが、とくに麻はサラっとしていて涼しいです。

触るとひんやりした感覚もあります。

なにより通気性がよくて、身体が蒸れる感覚がグっと減りました。

 

綿は麻ほどではありませんが、快適です。

なにより着心地が良いのです。

肌に触れる感覚が優しいです。

 

私は小さいころから肌があまり強くなく、親がよく綿100%の服を着せてくれていたことを思い出しました。

当時はなにも気付かなかったのですが、親は私の肌のことを気遣ってくれていたのだな、と感じました。

 

デメリット

麻の服は高いです。

そして、洗濯するとどうしてもシワが目立ってしまいます。(綿の場合も同様)

アイロン前の状態です。

シワが目立つので、このまま着るのは厳しそうです。

 

アイロン後の状態です。

シワが伸びて、清潔感のある感じになりました!

 

それでも夏は麻・綿を着たい

アイロンがめんどくさいけれど。

高くてあまり買えないけれど。

それでも私の夏服には麻素材が欠かせません。

綿もやっぱりアイロンがめんどくさいけれど、着ていて本当に快適で欠かせません。

 

この経験で感じたこと

改めて思うと、私はこれまで「着心地」というものを無視して服を選んできた気がします。

「相手にどう思われるか」

こればかりを気にして、自分の着心地なんて無視して服を選んでいた気がします。

 

けれど、素材を気にすることを通して、
自分が着ていて心地良いか」を考えるようになりました。

 

いつも相手にばかり向いていたベクトルが、ようやく自分に向いた気がします。

他人本位でこれまで生きていたのだな、と気づくことができましたし、以前より自分のことを大切にできている気がします。

 

以上、私の涼しい夏服の選び方についてでした。

少しでも参考になると嬉しいです。

 

また、ポリエステルを否定する記事ではありませんので、ご理解ください…!

シワになりにくかったり、フワっとしたシフォンの感じが素敵だったり、とても万能な素材だと思っています。気温や天候に合わせて、ポリエステルの服も着ています。

 

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。