自己肯定感を今すぐ高めたいなら読むべき本

 

あなたは自己肯定感が高いですか?

それとも低いですか?

 

自己肯定感とは、自分は生きているだけで価値があるという感覚です。

ここでポイントとなるのが、「自分は人よりお金を稼げているから価値がある」とか、《人と比べてどうこうではない》ということです。

 

人と比較するのではなく、比べるべきは過去の自分。

そのままの自分を自分で認めて、自分には価値があると思えるかです。

 

そんな自己肯定感が低いあなたが、もし自己肯定感を高めたいと思っているのなら・・・

とてもおすすめの本があります!

 

 

手取り17万円の勤め人が「僕ちゃん天才」と言い始めたら年2400万円稼げた超成功法則

初めてタイトルを見た時は、

ゆゆ

もともと自己肯定感が低かった人が、自己肯定感を高くしたら成功した…という本かな?
と思いました。

 

けれど実際は違って、もともと自己肯定感が超絶高い人が書かれている本です。

 

「なんだ・・・もともと自己肯定感が高い人なら、自分とは違うし参考にならないだろうな」

と思いましたか?

 

私もそう思って読むのをやめようかと思ったのですが、意外や意外。

読んでみたら、かなり参考になる本でした。(ちなみに私は自己肯定感が低くて、自己肯定感を高めたいなと思っています。)

 

著者について

著者のポールさんは、不動産投資で成功されている方です。

「大家さん」というと分かりやすいかもしれません。

 

もともとはサラリーマン(児童養護施設)を13年されていました。

しかしお給料が手取り17万円で、「サラリーマンをしていてはお金持ちになれない」と気付きます。

そこから副業でアルバイトやメルカリなどを経て、不動産投資を始めてお金持ちになり、成功されたという経歴の方です。

 

幸せな人生と自己肯定感の関係

この本は、《幸せな人生と自己肯定感は切っても切れない関係》ということについて書かれています。

つまり幸せな人生を送るためには、自己肯定感を高めることは必須ということです。

 

そんな「自己肯定感の大切さ」について書かれています。

 

そもそも、日本人はほかの国の人よりも、自己肯定感が低い人が多いそうです。

日本人の自己肯定感の低さへの考察、学校教育システムなどについても言及されていて、「なるほどな」と思う点がいくつかありました。

 

自己肯定感の高い著者にこそ書けた本

著者は、自己肯定感がとてつもなく高い方です。

そんな人が、自己肯定感についてリアルな例を出しながら、自己肯定感についてわかりやすく記載してくれています。

 

そもそもまず、ここまで自己肯定感が高い人の意見を聞ける機会って、日常でありますか?

私の日常ではないです。

 

自己肯定感が高い人はこのように考えていて、それによってこんなことができた、とっても幸せ!みたいなことが書かれているので、まず普段出会えないであろう人の貴重な価値観・体験談が知れてためになります。

それだけではなく、「私もこんな風に考えることが出来たらなぁ」と思えます。

 

つまり端的に言うと、自己肯定感が高い人による自己肯定感の大切さを説く本です。

 

自己肯定感が低い人が「幸せな人生には自己肯定感が大切!」といくら言ったところで「本当に?」となるかもしれないのですが、この本は違います。

自己肯定感が高い人が「自己肯定感が高いと人生幸せだよ!」と言っている本なので、説得力がめちゃくちゃあるんですね。

 

グっときたポイント

  • 成功の反対は失敗ではない
  • 誰にアドバイスを求めるか?

成功の反対は失敗ではない

「成功」の反対は「失敗」だと思っていませんか?

私はずっと、ずーっとそう思ってきました。

 

けれど著者は言います、「失敗は通過点に過ぎない」「失敗の向こう側に成功がある」と。

まさに目から鱗が落ちるとはこのことで、このことに気づけただけでこの本を購入して良かったです。

 

誰にアドバイスを求めるか?

何もしたことがない人のアドバイスほど無意味なものはありません。

引用元:手取り17万円の勤め人が「僕ちゃん天才」と言い始めたら年2400万円稼げた超成功法則

 

「なにかに挑戦するとき、誰にアドバイスを求めるか?」の重要性についても書かれています。

 

例えば転職するとき。

転職したことのない人に「転職しようと思うのだけど・・・」と相談する。そうすると「転職なんてしないほうがいいよ!今の会社で働かせてもらえるだけで有難いよ」とアドバイスがくる。

けれど転職して幸せな未来を歩んでいる人に同じ相談内容をすると、「転職したほうがいいよ!やりたいことがあるなら、今がチャンスだよ」と返ってくる。

 

自分の行きたい方向が「転職して幸せな未来」なのであれば、どちらに相談すべきか明らかですよね。

 

思ったこと

自己肯定感は、自分軸で生きること

そして自分の価値観を信頼して、自分で自分の人生を全うすることだなと思いました。

 

また著者については、「他人のことは基本的によくわからない」とケロっとされているんですね。

他人のことがわからなくて悩んだりしない。

自分は自分、と良い意味で自分と他人を切り離して、自分の人生を生きていることに憧れを持ちました。

 

自己肯定感を上げる習慣や言葉の使い方も書いてあるので、全部真似できるかは分からないけれど、真似できそうなものばかりです。

 

特に印象的だったのは、「自分で自分を褒める」こと。

こちらについてはさっそく実践していて、「会社行ったの…!?天才じゃない!?」「5日連続で働くなんて凄すぎる!」「今日も生きていて偉い!」と褒めるようにしました(笑)

褒める内容についてはアレなんですけど(笑)、かなり心が軽くなって、良い感じです♪

 

ではでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

少しでも参考になると嬉しいです。