プロフィール

 

こんにちは。
ゆゆと申します。

ゆゆ

当ブログにお越しくださり、ありがとうございます!

私は敏感肌です。

  • 口コミで大人気の化粧品が肌に合わない
  • 二重コスメが肌に合わず使えない
  • Youtubeにあがっているメイクが真似できない
  • 身体のどこかしらがいつも痒い
  • 肌に合わなさそうでクリスマスコフレが買えない

という経験をしてきました。
これらは、敏感肌さんあるあるではないでしょうか?

そして私は、顔が可愛くありません。
そう自覚したときから、「顔が可愛くないからこそ、肌はせめて綺麗になりたい」と思ってきました。

けれど敏感肌なので、どんな化粧品も使えて、どんなメイクもできるわけではありません。

「肌に合う化粧品」に出会い喜び、「肌に合わない化粧品」に出会い悲しみ……ということを繰り返してきました。

 

幼少期

赤ちゃんのことから肌が弱く、あせもができやすかったらしいです。

冷房をつけて汗対策をしたり、肌着に気を使ってもらったり、親にはなかなか苦労をかけました。

ひじの内側がいつも荒れていました。

冬になると手がガサガサ。

皮膚科によく行っていました。

 

学生時代

お弁当調理のバイトをしていましたが、手荒れが酷く続けることができませんでした。

指の関節部分がいつも荒れていて、ステロイドにお世話になっていました。

自分は可愛くないから、せめて綺麗な肌になりたい!と思ったのはこの頃です。

 

社会人

社会人になってから~数年目までが、なぜか私史上いちばん肌が強かった時期です。

この頃はデパコスも試すことができました。

「クレンジング→乾燥→潤す」のループに陥っていましたが、若さもあってか肌が安定していました。

 

が、しかし。

ある日、飲み薬でアレルギーが発生。

高熱と赤い発疹が続き、少しだけ入院しました。

なぜだかこれを機に、以前より敏感肌になりました。

以前より果物に反応するようになったり、合わない化粧品が増えたり・・・。

それ以来、以前に増して敏感肌というものに向き合うことになりました。

 

 

「敏感肌じゃない人が羨ましいなぁ」

そう思って嘆いていた時期があります。

 

できればCMをばんばん流している化粧品を愛用したかった

雑誌に載っている化粧品を愛用したかった

化粧品を見た目の可愛さで選びたかった

 

そういうマイナスな気持ちで過ごしていたこともあります。

 

 

けれど、もうそういう考えはやめました。

「敏感肌」なことは悪いことばかりではないはず。

 

使える化粧品の選択肢が狭まること

優柔不断な私には合っている。化粧品選び放題だと、どれにするか決められない。

 

すぐに肌がピリピリすること

肌からのサイン。「合わないよ~~」って声をあげてくれるのは助かる。溜めに溜めて、いずれ爆発するよりも、こまめに「合わないよ~~」って教えてくれるほうがいい!

 

敏感肌なこと

楽ちんで肌が心地よく過ごせる石鹸オフメイクに出会えたからよかった

 

こうしてプラスに考えるようになりました!

 

大変なことも時にはあるけれど、

敏感肌であることは私の一部で、これから先も、この敏感肌と共に生きていく。

そういう考え方で、敏感肌の自分を受け入れています。

 

当ブログは、そんな敏感肌の私が試してみた化粧品について書いたり、ほかのことについて色々書いたりするブログです。(雑記ブログのような感じです)

 

最後に、私の自己紹介を。

名前:ゆゆ
性格:内向的。コミュニケーションが苦手。基本的にぼっち。変わっている・繊細すぎると言われる。集団行動が苦手。体育会系のノリが苦手。
傷付きやすいのがたまに傷。
ある日HSPのチェックを受けてみたら、項目1つを除いてその他すべて当てはまっていたので、HSPなのだと自覚しました。
趣味や好きなもの:スピッツ、レトロなもの、夢の国と関連映画、ハンドメイド、インドアで過ごすこと、ゲーム、読書(ノンフィクションと自己啓発系)
アレルギー:花粉と薬と??
スギ花粉症、イネ花粉症、ヒノキ花粉症
ブタクサやカモガヤにも反応します。アレルギーではないと思うのですが、野菜・果物は素手で触ると手が荒れるので、料理の時はビニール手袋しています。
なぜだか果物を食べると唇が荒れます。
外食中に唇がめちゃくちゃパンパンになったとき、さすがに慌てました。
野菜も果物もアレルギー検査で調べたのですが、反応は出なかったので謎です。。。
なので果物に対してあまりポジティブではありません。あとはアレルギーかは謎ですが、縮毛矯正したら瞼がめちゃくちゃ腫れたので、私の体質とは合わないかもしれません。

このような人物が当ブログを記載しています。

どうぞよろしくお願いします。

 

※ブログに記載しているスキンケアや化粧品について

敏感肌といっても人それぞれ肌に合うアイテムが違うと思います。

私が紹介したものが、あなたの肌にも合うとは限りません。

このことが本当にもどかしいのですが、こういう商品があるのかと参考にしてもらえると、とっても嬉しいです。

ゆゆ

よろしくお願いします!