一度使うと やみつきになる!おすすめ優秀日傘【サンバリア100】

 

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

ゆゆです。

 

「どんな日傘を買おうかな?」とお悩みではありませんか?

頻繁に買い替えるアイテムではないからこそ、しっかり吟味して選びたいですよね!

 

今回は、5年くらい前に初めて購入して以来、すっかり虜になってしまった日傘があるので、是非ご紹介したいと思います!

 

ゆゆ

本当におすすめで、もうこの日傘しか考えられません!

 

サンバリア100 2段折 の日傘

とっても有名なのでご存知の方も多いかもしれません。

私は、完全遮光日傘専門店のサンバリア100さんの日傘が大好きです。

 

  • 折りたたまない傘 × 1
  • 折りたたみ傘 × 2

の、合計3本持っているくらい好きです…!

 

こちらは折りたたみの2段折タイプです。

袋から出すと、このように折りたたまれた状態です。

 

広げると、水玉の爽やかな柄と、フリルが可愛いです。

 

おすすめポイント

  • 涼しい
  • 丈夫
  • 安心感

ひとつずつ解説していきますね!

 

ゆゆ

涼しい!

使ってみるとわかるのですが、とにかく涼しいです。

サンバリア100さんの日傘とその他の日傘では、圧倒的に涼しさが違うのです!!

 

友達や母と出かけた際に、試しに日傘を交換してみたことがあります。

やっぱり毎回、サンバリア100さんの日傘だと断然涼しく感じます。

 

さした瞬間に、そこだけ完璧な日陰になる…そんな実感があります。

夏は本当に欠かせなくて、ないと不安なくらいです。

 

 

ゆゆ

丈夫!

5年以上使用しているもの含め、どれも全く壊れていません。

なので、とても品質が良くて丈夫だなと実感しました。

 

良いものを長く使いたい方にピッタリだと思います。

値段は高いのですが、何年も使うことになるので元は取れると思います!

私も初めて買うときは高く感じて迷ったのですが、今思えば本当に買って良かったですし、むしろもっと早く買えばよかったと思います。

 

 

ゆゆ

安心感!

完全遮光傘なので、「紫外線をシャットダウンしている!」という実感が強いです。

「あまり日焼け止めを塗りたくない、でも紫外線をガードしたい…」という方には特に心強いはずです。

 

さすとなんだか暗いくらい遮光を感じます。

一瞬で日陰になります。

なので守られている実感が強く、この感覚が”やみつき”になります。

 

カバンに入るかな?

折りたたみタイプではあるのですが、私の持っている「2段折」タイプは、一般的な折りたたみの雨傘に比べて、少し大きめな印象です。

傘袋に入れている状態ですと、大きさが際立ちます。

500mlのポカリさんが、だいぶ小さく見えますね…。

 

傘袋から出すと、少しコンパクトになります。

 

 

このようなサイズ感の2段折タイプ…

試しにバッグに入れてみました!

 

まずはこちら。

無印良品さんの「インド綿 横型 マイトートバッグ」に入れてみます。

横長のトートバッグです。

 

横幅46㎝のこちらのバッグには、横向きでも問題なく入りました。

 

そして縦向きだと、持ち手部分が少し飛び出ますが、入りました。

この程度飛び出ているくらいなら、邪魔にならなさそうです。

 

日傘の持ち手が曲がっている形状の「木曲がり手元」のタイプですと、完全な横向きでは入りませんでした。

少し斜めな状態でしたら入りました。

 

縦向きなら入りますが、先ほどの持ち手のタイプ(木ストレート手元)の時よりも、こちらの持ち手のタイプ(木曲がり手元)の時のほうがバッグから飛び出る部分が多くなる印象です。

 

 

お次はこちら。

無印良品さんの「インド綿 縦型 マイトートバッグ」です。

縦長のトートバッグです。

 

こちらような縦長のトートバッグでは、横向きには入りませんでした。

けれど、縦向きなら入りました。(やっぱり持ち手の部分は少し見える形です。)

 

ちなみに外側についているポケットに入れた様子です。

ギリギリですが、なんとか入りました。

でもちょっとパンパンな感じなので、バッグの中に入れたほうが良さそうですね。

 

総じて「折りたたみ二段折タイプ」は、一般的に連想する折りたたみ傘より大きめサイズと思っていただければイメージしやすいと思います。

 

折りたたみか長傘か?

日傘を購入する時に迷うのが、

ゆゆ

折りたたみ傘か、折りたたまない傘(長傘)か、どっちがいいかな?
ということだと思います。

 

それぞれのライフスタイルにもよると思うのですが、個人的には『折りたたみ傘』がおすすめです。

 

私は最初「長傘タイプ」を購入して何年か使っていたのですが、そのうちに「使わないときはバッグに傘を入れたい」と思うようになりました。

 

強くそう思ったのが、電車の中です。

やっぱり電車の中だと、片手でスマートフォンや本を持つことが多いです。

そうなると、もう片方の手に「バッグと傘」を持つのが大変で、傘が邪魔だと感じることが多かったのです。

そして結局その後、折りたたみタイプを購入しました。

 

ですが、やっぱり長傘タイプも便利です。

折りたたみ傘のように畳む手間がないので、サっと開けてサっと閉じられるのですから。

長傘タイプのときは「傘をさすのが面倒くさい」なんて感じたことがなかったのですが、折りたたみタイプのときは「傘をさすのはいいけど、畳むのがめんどくさい」と感じるようになりました(汗)

 

なのでどちらもそれぞれ良いところと悪いところがあります。

ご自身のライフスタイルに合わせて選ばれるのがベストだと思います!

 



 

フリル付きか、フリル無しか?

サンバリア100さんの日傘には、日傘の淵に「フリルが付いているもの」と「フリルが付いていないもの」があります。

 

正直なところ、フリルが付いているとかさばります。

それでも、私が持っているものは3本ともフリル付きです。

 

やっぱりかさばっても、使っているときに「可愛いな~」という気持ちになりたかったので、フリル付きにしました。

これは人それぞれ、「かさばること」と「デザイン性」を天秤にかけて、好みのほうを選択するのが良いと思います。

 

無地か、柄付きか?

私は、無地・水玉柄・ストライプ柄を持っています。

インターネットで選んでいるときは、柄付きのものが可愛くて目に留まるのですが、いろいろなお洋服に合わせやすいのは圧倒的に無地です。

 

実際、チェックのワンピースを着ているときに水玉の傘をさしていたら、自分でもちょっと柄同士が主張し合っている…と感じました(汗)

それ以来、柄付きのお洋服を着た時は、ついつい無地の傘に手が伸びます。

 

けれど柄付きのほうが、ぱっと見て「可愛い!」となるので、こちらも「合わせやすさ」か「デザイン性」かを天秤にかけて選ぶのが良いかと思います。

 

注意点

とにかくサンバリア100さんの日傘は、毎年大大大人気です!

そのため、売り切れるのが早いです。

春夏に使いたいのであれば、早め早めの時期に購入しておくことをおすすめします。

サンバリア100

 

 

以上、私のおすすめの日傘のご紹介でした。

 

今後日傘の購入を考えている方、

サンバリア100さんの日傘が気になっていた方など、少しでも参考になると嬉しいです。



ではでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。