なんか元気が出ない時に…【元気をわけてもらえるおすすめ映画】

 

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

ゆゆです。

 

毎日がんばっているあなたへ。

まだまだがんばれると思っていたけれど・・・

 

ゆゆ

あれ?なんだか元気が出ない……

 

そんなこと、ありませんか?

 

そんなときは、がんばりすぎのサインかもしれません。

ゆっくりひと休みして、映画でもいかがでしょう?

 

なんか元気が出ない時に【おすすめ映画】

天使にラブ・ソングを…

1992年・アメリカ映画

100分

主演…ウーピー・ゴールドバーグ

なんか元気がでない、そんなときにおすすめの映画です。

見ていてハッピーになれます!

ゆゆ

私にとっては元気の処方箋。モヤモヤしたときは、真っ先に手に取る映画です!

 

物語

主人公はクラブ歌手のデロリスです。

 

デロリスはある日、殺人現場を目撃してしまいます。

このままではデロリスの命が危ない!

ということで、犯人たちから身を隠すために、教会で「シスター」として過ごすことになります。

「裁判まで」の期間限定で。

 

シスターとして過ごすうちに、教会の聖歌隊の仕事をすることに。

歌声がバラバラだった聖歌隊は、デロリスによって素晴らしい聖歌隊に成長し・・・

というお話です。

 

おすすめポイント

まずは、音楽が良いです!

思わず手拍子したくなるような曲ばかりです。

ゆゆ

音楽に聞き入ってしまうこと間違いなしです。ゴスペルって楽しい!

 

そしてなにより、見ていて本当に清々しい気持ちになれる!

最高にハッピーなコメディ映画なのです。

 

主人公のデロリスは、見ているだけで楽しくなるくらい感情豊か。

コロコロ変わる表情がチャーミングで、本当に面白いです。

 

また、メアリー・ロバートはじめ、シスターの仲間たちが癒しです。

みんな優しくて可愛らしくて、個性的!

 

それだけじゃなくて、デロリスを守ってくれるエディ・サウザー警部補。

彼は包容力に溢れていて、カッコいいです。

 

ゆゆ

登場人物も良いし、話も良いし、音楽も良いのです。

 

人には適材適所がある。

雑用ではあまり力を発揮できなかったデロリスも、歌では力を発揮します。

 

デロリスが起こした聖歌隊の〝改革〟

歌に手拍子やダンスを取り入れる

シスターたちが歌うことの楽しさを知る

寂れた教会に人が集まるようになる

町おこしにつながる

 

プラスの要素がプラスを生み、またプラスが連鎖していくような

こういうことが、テンポよく、楽しく描かれている映画です!

 

ラストでは感極まって、思わずウルっときてしまいます。

 

ハッピーな余韻に浸れて、思わず何度も見返したくなる・・・

そんな最高のエンターテインメント映画です。

 

是非、元気をもらいたい時に見てみてください。

ではでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。