これで服装迷子から卒業しました!自分に似合う服がわかる【骨格診断】

 

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

ゆゆです。

 

あなたは、「自分に似合う服がわからない…」と悩んだことはありませんか?

 

ゆゆ

私はあります!!

過去の私が、まさにそのことで迷走していました。

 

当時、友達に

「私、何を着てもダサくなるんだけど…どうすれば良いと思う?」

と相談したこともあります(笑)

友達は困っていました。そりゃ困るわ。

 

そんな中、骨格診断を知り、思い切ってプロに診断してもらいました。

 

そうしたら、悩んでいたことがパァーーっと晴れてすっきりしたのです。

ゆゆ

本当に助かりました!

 

「なぜあの服を私が着ると、ガッシリして見えるのか」

「なぜあの子と同じ服を着ているのに、私には似合っていないのか」

 

これまでずっとモヤモヤしていたことが晴れて、服選びにとても参考になりました。

今回はそんな骨格診断について、私の体験談を交えてご紹介したいと思います。

 

骨格診断とは

骨格診断では、持って生まれた身体の質感やラインの特徴から、自分自身の体型を最もきれいに見せるデザインと素材を知ることができます。
太っている、痩せている、年齢、身長などは関係ありません。
どんな人でも自分に似合うデザインと素材を知ることができ、ファッションでその人の魅力を引き出すことができるのです。

引用元:骨格診断ファッションアナリスト認定協会様ホームページより

一言でいうと、「自分に似合う”デザイン”と”素材”を知る」ことです。

たくさんのデザイン・素材の服がある中で、「自分に似合うものは、どれなのか」を知る。

 

どうやって似合うものを知るかというと、自分の「骨格タイプ」を知ることから始まります。

 

骨格診断では、骨格が3タイプに分けられます。

この3タイプの内、「自分がどのタイプに当てはまるのか」によって、似合う服がわかります。

 

《 骨格診断の3タイプ 》

  • ストレートタイプ
  • ウェーブタイプ
  • ナチュラルタイプ

セルフチェックできる様々なサイトさんがあるので、試しにやってみると面白いですよ!

セシール様公式サイト

EDIST.CLOSET様公式サイト

 

 

骨格診断を受ける前

骨格診断を受ける前は、本当に服装迷子でした。

服のブランドが定まらない。

なにが似合うのか分からない。

好きなテイストも良くわからない。

 

とにかく「なんかしっくりこない」状況を克服したくて困っていました。

 

ある時、「女子アナ風な服を着れば、素敵に見えるのでは?!」と思いました。

そして、女子アナ風コーデに挑戦してみたのですが……

 

もうとにかく「なんか変」。

私が着ると、なんだか普段に増してガタイがよく見えてしまいました。

 

パフスリーブのトップスも、

膝上5センチのスカートも、

繊細なレースの素材も、

とにかくビックリするくらい、私に似合っていなかったのです。

 

骨格診断の結果

私はナチュラルタイプでした。

「ラフでカジュアルなものが似合う」タイプだそうです。

引用元:セシール様公式ホームページより

セルフ診断でもナチュラルタイプだったので、まごうことなきナチュラルタイプだと思います(笑)

思い返してみれば、当てはまることが多すぎました。

 

ハイウエストの服を着ると、なんかしっくりこない

ハイウエストの服が似合うのは、ウェーブタイプ

 

ワイドパンツを履くと褒められる

ワイドパンツは、ナチュラルタイプに似合うアイテム

 

サテンの光沢感がある上品系ブラウスが似合わなかった

このアイテムが似合うのは、ウェーブタイプ

 

そして、私が挑戦してみた「女子アナ風コーデ」こそが、ウェーブタイプが得意とするコーデだったのです。

パフスリーブも、膝上スカートも、ナチュラルタイプの良さを活かすものではありませんでした。

 

つまり、「自分の骨格タイプの得意分野ではないコーデ」をしていたので、なんか似合わなかったのです。

このことを知った時、似合わなかった理由が腑に落ちて納得しました。

 

骨格診断を受けて良かったこと

「無駄な服の買い物が減ったこと」です。

 

今までは、「可愛い!」と思ったら服を買うことが多かったです。

買ったものの、いざ着てみると「なんだか似合わない」。

そして結局着ない。

クローゼットの中には、服がたくさんあるのに、「着る服がない!」と悩む。

・・・そんなループでした。

 

けれど似合う服が分かって系統が定まったため、買う前にかなり熟考するようになりました。

「これは私の骨格には合わないから、結局似合わなくて着ないのでは?」とブレーキがかけられるように。

 

似合う服を着ていると、自然と自信がついて、満ち足りた気持ちになります。

その状態になりたいから、似合う服を真剣に選ぶようになりました。

クローゼットの中身も、前よりずっと統一されています。

 

似合う服が分かったことは勿論嬉しいのですが、それ以上に嬉しいのは、「自分に似合わないアイテム」が分かったことです。

 

似合わない服を買って一度も着ない、ということを避けられるようになりました。

例えば、私は「光沢感のあるサテン系のブラウス」や「パフスリーブのトップス」「ミニスカート(膝が出るボトム)」が似合わないアイテムです。

 

似合わないアイテムを買わない=クローゼットの肥やしが減る

ことに繋がりました。

 

けれど、決して似合わないコーデができないわけではありません。

 

さきほどの女子アナ風コーデも、トップスをパフスリーブのものをやめる。

スカートをひざ下のものに変えることをしてみるだけでも、ナチュラルタイプの自分に似合うスタイルに近づけます。

 

やってみたいコーデも諦めることなく、「自分に似合う」に近づけることで着られるのだと気づきました。

 

・・・と、このような感じで、とにかく診断してみて本当に良かったです。

 

まだやったことのない方は、是非おすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。