ピクサー好き必見!ピクサー・ザ・フレンドシップでピクサーの世界を感じよう

 

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

ゆゆです。

 

先日、ピクサー・ザ・フレンドシップに行ってきました!

「トイ・ストーリー」のウッディとバズ、「モンスターズ・インク」のマイクとサリー、「ファインディング・ニモ」のニモとドリーなど、映画史に残る数々の絆を生み出してきたピクサー・アニメーション・スタジオ。

20年以上にわたって、本物の友情や家族との絆を描いてきたディズニー/ピクサー映画の世界観のなかで写真を撮りながら、その友情や絆を体験できます。

ピクサー・アニメーション・スタジオ全面協力のもと、ディテールまで徹底的につくりこまれた、あの仲間たちの世界を、どうぞお楽しみください。

引用元:ピクサー・ザ・フレンドシップ公式サイト

ピクサーの長編アニメーション作品をテーマに、一緒に写真を撮れる体験ゾーンが展開されるイベントです。

 

実は私、ピクサー作品大好きで、全作品観ています。

名古屋で開催ということで、タイミングが合い、行くことが出来ました!

どんな様子だったか、こちらでご紹介します。

 

名古屋会場ということで、松坂屋美術館で開催されたものに足を運びました。

 

一般(中学生以上)の当日券は1,200円です。

私が訪れたのは土日でしたが、開催日終了間近だったからか、並ばずに入れました。

 

一緒に写真を撮れる体験ゾーンというだけあって、撮影OKでした。

ただし注意事項も色々あったので、当然ながらマナーを守って楽しむことが大切ですね。

 

会場では、このようにピクサー作品をテーマにした展示が並んでいました。

作品別に展示があり、展示によっては、展示と一緒に写真を撮る人の行列が出来ていました。

私は展示と一緒に写真を撮らず、展示だけを楽しく拝見したり、展示単体で写真を撮っていました。

どちらの楽しみ方もアリだと思います!

 

 

甲乙つけがたいピクサー作品の中でも、私が一番大好きな作品は【カーズ】です。

なので、カーズの展示はめちゃくちゃテンションが上がりました!

 

会場を出ると、物販コーナーがありました。

売られているグッズが、どれも本当に可愛かった!

財力さえあれば買い占めたいほどでした。

私はカーズグッズをチョイス。

 

そんな感じで、ピクサー好きにはたまらないイベントでした。

これからもピクサー作品を応援していきます!